Sponsored Link

卒業式のワンシーンがある映画などで、卒業生が一斉に帽子を

空に投げる様子を見たことがありますか?
真上に帽子を投げるシーンは楽しそうであり、見ていても楽しくなってきます。

しかし、何気なく見ていたものもなぜやるのかの意味は知らない方が多いと思います。
また、なぜ日本では行われないのかなど。
今回はそんな卒業式の「帽子投げ」に着目にしてみましょう。

 

卒業式♪アメリカの大学でやる帽子投げの意味は?


まずは帽子投げの意味ですが、
「卒業への喜び」を表現しているのかと思われます。
帽子投げの始まりとされているのは、
1912年アナポリス海兵士官学校というアメリカの学校の卒業式とされています。
海兵士官学校の時に士官を目指すために使われていた士官候補生の帽子は、
卒業すると士官用の帽子に変わります。
つまりその候補生用の帽子はいらなくなるということですね。
そして、その時の卒業生が、必要のなくなった帽子を投げることで
卒業した喜びや学生生活を終了した達成感、
卒業することの開放感を行動で表現したのです。
そのような意味があり卒業することへの喜びを表しているものと思われます。
そしてこの帽子投げが、まずは発端の士官学校で毎年の恒例となり、
次にアメリカ全土に広まっていきます。
さらに、現在では日本の防衛大学にまで伝わってきた、というわけです。

 

日本の大学では帽子投げをやらないの?


先ほどもご紹介しましたが、日本の防衛大学の卒業式で行われています。
最近では、この防衛大学だけではなく一般の大学でも行われるようになったところも

あるようですよ。
日本では、式典など厳かな場面ででこんなことをしてもいいのか?
思われるかたもいるでしょうが、その帽子投げに込められた意味を考えると

素敵な行動だと思われるかと思います。

さらに日本では普段は行儀が悪くてとてもできないが、
卒業という、とてもおめでたい時には大いに楽しもう!という

考え方があることから広まっていったというのもあるかもしれないですね。

アメリカでは帽子投げの後に走り去っていくところが見られますが、
日本では投げた帽子は後輩によって回収され、ちゃんと本人の元に返されるみたいですよ。
そこのあたりは日本人っぽくて安心しますね。

防衛大学卒業式の帽子投げの様子【動画】

 

こちらは2017年の防衛大学の卒業式の帽子投げの様子です。
途中までは厳かな式で、行動の一つ一つがしっかりと行われていますが
代表者のさらば、解散!の呼び声の後に卒業生が一斉に帽子を投げて
拍手の音とともに走り去っていきます。
確かに卒業したことへの達成感喜びが感じられ感動してしまいますね。
このかっちりしているところとのギャップが、またいいのかもしれません。

 

まとめ

Sponsored Link

アメリカの海兵士官学校から、日本の大学に広まっていった卒業式の帽子投げ。
卒業への喜びや達成感を表しています。
最後までしっかりとした卒業式もいいですが、
帽子投げのように感情を最後に発散するような行為も学生たちの
思い出にもなりいいのではないでしょうか。

 

Sponsored Link