Sponsored Link

心地の良いタオルということで有名な今治タオルですが、実は、毎年、今治タオル美術館では幻想的なイルミネーションの点灯が行われています。

毎年、様々な趣向を凝らした幻想的な空間を演出してくれます。

2017年は、光のトンネルや16メートルもの高さのツリーなど、約25万個の電球が夜空を彩ります。

1月14日までは假屋崎省吾氏の作品も展示、ライトアップされますので、楽しむことができること間違いなしです。

今回は、今治タオル美術館のイルミネーションに関する情報をまとめます。

今治タオル美術館♪イルミネーションの口コミは?

今治タオル美術館のイルミネーションは、とても人気があります。

美術館の裏の広い敷地にイルミネーションが施されていますので、ゆっくりと堪能することが出来ます。

また、幻想的な雰囲気は、見ている人を飽きさせない魅力があります。

ぜひ夫婦やカップルなどで見に行って欲しいイルミネーションです。

2017イルミネーションの期間はいつからいつまで?

今治タオル美術館のイルミネーションの点灯は、11月3日から始まりました。

幻想的な空間は2018年の3月中旬の頃まで楽しめます。

假屋崎省吾氏の竹オブジェの展示は2018年1月14日までとなっていますので、見に行く方は注意してください。

イルミネーションの点灯時間は何時から何時まで?

点灯の時間は17時から21時30分までとなっています。

冬は空が暗くなるのが早いため、長い時間、イルミネーションを楽しむことが出来ます。

冬の夜はとても寒いので、防寒には十分気を付けてください。

入場料や美術館までのアクセスは?

イルミネーションにかかる入場料は、無料です。

美術館を楽しみたい場合は、大人一名につき800円、中高生一名につき600円、小学生一名につき400円で入館することが出来ます。

小学生未満は無料ですので、この機会に美術館も楽しんでみてはいかがでしょうか。

所在地は、愛媛県今治市朝倉上甲2930です。

高松や徳島、高知の方面からは東予丹原インターから車で10分

福山や広島方面からは今治インターから車で15分

道後温泉からは国道317号線経由で約1時間

公共の交通機関を利用する場合は、JR壬生川駅より、タクシーで15分

まとめ

Sponsored Link

今治タオル美術館のイルミネーションの見どころは、庭園に設置されている、光のトンネルです。

とても美しいトンネルをくぐることが出来ます。

また、様々な工夫を凝らしたオブジェたちが、見る人を楽しませてくれます。

3月まで楽しむことが出来ますので、ぜひ行ってみてください。

Sponsored Link