Sponsored Link

結婚式は何かとお金がかかるものです。ドレスや演出、ペーパーアイテムや引き出物などなど、今までに経験したことがないくらいのお金が一気に飛んでいきます。

そこで、削れるところは削っていきたいと思う方も多いと思います。

まず思いつくのが、カメラマンの費用削減でしょう。

式場の専属のカメラマンにお願いすると、20万から30万はかかるところが多いようです。

カメラが好きな友人などがいる場合、その人に依頼することも考えることでしょう。

今回は、結婚式のカメラマンを友人にお願いする場合のお礼などについて紹介します。

一生のうちに何度も経験することがない結婚式なので、ぜひ後悔しないようにしてください。

結婚式のカメラマンの選び方♪外注にする?友人に依頼する?

結婚式のカメラマンを選ぶ方法はいくつかあります。

まず、結婚式を挙げる会場の専属カメラマンに依頼するというものです。

専属のカメラマンであれば、美しく見えるポイントやシャッターチャンスを熟知していますので、満足のいく仕上がりになると思います。

しかし、費用がかなりかさみますので、予算と相談しながら決定して下さい。

また、外注するという方法もあります。

外注のカメラマンであれば、自分たちの要望をある程度聞いてくれるため、お気に入りのシーンを逃さずに記念に残すことが出来ます。

しかし、式場によっては、外注のカメラマンを禁止しているところがありますので、事前に調べておく必要があります。

費用は、式場などが絡んでいない分、抑えられます。

さらに、友人に依頼するという方法があります。

この方法は、金額的にかなり抑えることが出来ますが、友人にかかるプレッシャーがかなり大きくなりますので、頼むことが出来る人は限られてくるでしょう。

また、プロではないので、仕上がりの保証はありません。

友人に依頼した場合のお礼の相場はいくら?

友人にカメラマンを依頼する場合、お礼は必ず必要になります。

ゲストとして呼ばれているのにも関わらず、食事や友人との会話もできず、カメラに没頭しなければならない友人の気持ちを考えれば、お礼を渡すことは当然のことです。

メインのカメラマンとして依頼する場合は、3万円程度が相場です。

サブとして依頼する場合は、1万円程度が相場でしょう。

感謝の気持ちと共にお礼を渡してください。

必要なカメラマンの人数は何人?カメラマンなしってのもあり?

友人にカメラマンを依頼する場合、撮る人によって目線が変わりますので、なるべく複数の人に頼むことをお勧めします。

当日、バッテリーが切れてしまうなどのハプニングも起こり得るので、2~3人に頼んでおくと安心です。

特に記録に残さず、心の中に思い出としてしまっておきたいという方には、カメラマンなしの結婚式もアリです。

しかし、個人的には、何らかの形で記録を残しておいた方が、今後の二人のためになるのではないかと思います。

まとめ

Sponsored Link

結婚式のカメラマンをプロの方にお願いするとなると、かなりの金額がかかります。

しかし、その分、しっかりと良い写真を残すことが出来ます。

どうしても予算がなく、友人にカメラマンを依頼する場合は、撮影してほしいところや、人などをしっかり伝え、きちんとお礼をしましょう。

また、プロではないので、出来上がりが不満足であっても文句は言えません。

そのことをしっかり考えたうえでカメラマンを選んでください。

Sponsored Link