Sponsored Link

皆さんはナポリタンを食べたことがありますか。

初めて食べた人でも、なぜか懐かしい気持ちになる料理の一つですよね。

ナポリタンは、パスタを使用しているため、イタリアの料理であると思っている方は多いのではないでしょうか。

実は、ナポリタンは日本生まれの料理なのです。

今回は、ナポリタンの名前の由来や、ミートソースとの違いなど、言われてみれば気になることについて解説していきたいと思います。

ナポリタンの名前の由来は?

ナポリタンは、日本生まれの料理です。

ではなぜ、日本語ではない名前がついているのでしょうか。

ナポリといえばイタリアの都市の名前ですよね。しかし、ナポリタンというのは、イタリア語ではなく、フランス語なのです。

かなり紛らわしいですが、フランス語でナポリタンとは、ナポリ風のトマトを使った料理という意味です。

ナポリタンを初めて作った、横浜にある、ホテル・ニューグランドのシェフが、フランス料理の専門であったことから、この名前が付けられました。

ナポリタンは、トマトケチャップを使用して作る料理ですから、トマトを使った料理という名前が付けられたのですね。

日本だけ?イタリアには存在しないの?

ナポリタンは日本で開発されたものであるということですが、イタリアにはナポリタンというパスタは存在しないのでしょうか。

実は、イタリアにも、ナポリという名前の付いたパスタがいくつか存在します。

しかし、どれも、日本で食べるナポリタンとは程遠い味付けです。

イタリアに行った際に、日本で食べるナポリタンが食べたくても、食べることはできませんので、注意して下さいね。

実際、イタリアには、トマトケチャップを料理に使うという習慣があまりありません。

やはり、ナポリタンは日本で食べることのできる料理であるということです。

ミートソースとの違いは何?

ミートソースとナポリタンの違いがいまいちわからないという方は意外と多いかもしれません。

そもそも、ミートソースとナポリタンは、作り方に大きな違いがあります。

ナポリタンは、焼きそばのように、麺にトマトケチャップを混ぜ合わせ、ウインナーなどの具材と一緒に炒めて作る料理です。

ミートソースは、茹でたパスタの上に、ひき肉やトマト、玉ねぎなどで作ったソースをかけて食べるものです。

どちらもおいしい料理ですよね。

まとめ

Sponsored Link

ナポリタンは、外国の食べ物のような名前ですが、実は日本で生まれた料理なのです。

だから、日本人は、ナポリタンを食べるとなぜか懐かしい気持ちになるのかもしれませんね。

くれぐれもイタリアでナポリタンを注文しないように気を付けてくださいね。

Sponsored Link