Sponsored Link

 

職場に新しく入ってくる方もいれば、色んな理由で退職していく方もいます。
お世話になった方が去っていくのは寂しいものですよね。
退職すると決まったら、送迎会の予定を立てるかと思います。
そしてプレゼントや花束を贈るばあいが多いです。
花束を渡すタイミングは重要です。
そこて今回は送迎会の花束を渡すタイミングなどまとめていきます。

 

退職する上司に花束を贈る♪花束を渡すタイミングはいつ?

花束を渡すタイミングは送迎会の時です。
送迎会の司会者によって送迎会の進行が決まってくるかと思います。
その中で送迎会の最後には大概退職者の挨拶が入ってきます。
花束を渡すのは退職者の挨拶が終わってからすぐです。
挨拶が終わったら挨拶した方を待たせないように花束を渡しましょう。
待たせてしまうと変な間になってしまい、せっかくの挨拶も台無しになってしまいます。

花束の保管場所などは送別会が始まる前にしっかりと確認しておきましょう!
挨拶が始まったら、花束を渡す方は取りに行く段取りをしておきましょう。

 

花束を渡す時に伝える言葉は何がいい?


花束をあげる際に無言で渡すと変な感じになっちゃいます。
あげる際には、何か一言言ってから渡すようにしましょう。

まずは感謝の言葉の述べて、そのあとに今後に関しての一言を

添えるというのがいいのではないでしょうか。

感謝の言葉は、「今ままでお世話になりました」

「長い間お世話になりました、本当にありがとうございました」など。

 

一緒に働いた期間を入れて

「〇年間お世話になりました、ありがとうございました」というのも具体的でいいと思います。

 

または、ちょっとしたエピソードを含み

「〇〇の際は大変お世話になりました、ありがとうございました」など。

 

そして、今後に関しては「今後もお体に気を付けて過ごしてください」

「新しい場所でも。○○さんらしく過ごしてください」など。

 

どんな言葉をかけるにしろ、心がこもっていればちゃんと伝わります。
上司との関係性によってはフランクな言葉でもいいですが、

しっかりとした上下関係がある場合には適切な敬語を使うように注意しましょう。

 

花束に添えるメッセージカードには何を書けばいい?


メッセージカードにも花束を渡す際の一言の同様の言葉でいいと思います。
人によってはメッセージカードを大切に保管する方もいると思いますので、

誤字脱字には気を付けましょう。

 

メーセージカードに書き込む例文を紹介♪


例文としてシンプルなものをご紹介します。
「長い間お疲れさまでした(お世話になりました)

今後の(益々)のご健康と、ご活躍をお祈り致します。

本当にありがとうございました。」

ちょっとしたエピソードや感謝の気持ちを書いてもらえればさらにいいと思います。

まとめ

Sponsored Link

長年お世話になった方がいなくなるのは寂しいことです。
送迎会の際には花束を渡すタイミングに注意しましょう。
贈る言葉はありきたりでも、心をこめれば伝わります。
自分なりにエピソードも交えるとさらに心に残ると思いますよ。

 

Sponsored Link