Sponsored Link

 

は日本文化において馴染みの深いものですよね。
毎年桜のシーズンになると全国各地でお花見を楽しむ人々が見受けられます。
近年は諸外国の方々もお花見に訪れたりするようになってきました。
桜の枝を折ったりとマナーが問題視されニュースになっていたりもしましたね。

そんな桜ですが、夜に見る夜桜は昼間とはまた一段と違う顔を見せてくれます。
ライトアップされた夜桜はただ綺麗なだけでなく、ちょっとロマンチックな雰囲気も漂っていますね♪

 

2018池上本門寺で夜桜を楽しもう♪【画像】

池上本門寺では夜桜も楽しむことができます。
まずは夜桜の写真をいくつかご紹介します♪♪

両脇に桜のがある中で五重塔を見上げた構図になっています。
五重塔がライトアップされていていつまでも見ていたくなります。
桜と五重塔の相乗効果でどちらも引き立っていますね🌸

 

お次はライトアップされた五重塔を横から撮影。
桜が五重塔にかかっている構図ですが、しっかりと咲き誇っている桜が
ライトアップによりさらに際立っている1枚です🌸

 

こちらは池上本門寺大堂の夜桜です。
ピンク色の桜がたくさん咲いていて、目を奪われてしまいます。

 

なんといっても池上本門寺の素晴らしさは桜だけが主役なわけではなく

五重の塔などと一緒にみることで、

どちらの素晴らしさも、より素晴らしく見えてくることでしょう。
塔と桜のコラボレーションは圧巻です!

池上本門寺は、関東にあるものでは最も古く、最大の五重塔があるお寺で有名です。
普通のお花見とは違い、少しタイムスリップしたような非日常感が味わえそうですね♪

 

桜がライトアップされる時間帯は?

2017年の「本門寺春まつり」の情報を元にすると、
ライトアップ時間は 日没~22時まで

五重塔付近の桜と五重塔がライトアップされ、
お昼とはまた違った風景を楽しむことができます♪♪

池上本門寺の桜の見頃は?

 

例年ですと見頃は「3月下旬~4月上旬」のようです。
ちなみに2017年の本門寺春まつりは4月1日~2日に行われました。
例年通りなら3月下旬から4月上旬かと予想されます。

まとめ

Sponsored Link


毎年3月~4月頃に全国で桜の開花を楽しむことができます。
しかし、近年では温暖化の影響なのか、桜の開花が早く開花異常とも言われていますね。
来年2018年の池上本門寺の桜の見頃や開花状況は、例年通りなら3月下旬~4月上旬ですが、

もしかすると早くなったり遅くなったりする可能性もありますので
また情報をチェックしてみるようにするといいでしょう。

 

Sponsored Link