Sponsored Link

日本の伝統的な行事の一つに節分の豆まきがあります。

お正月が終わって一息ついていると、すぐにやってくるイベントです。

子供がいる家庭では、鬼に扮したお父さんやお母さんに豆を思いっきりぶつけることが出来るイベントなので、子供たちは楽しみにしているのではないでしょうか。

豆まきは、ただ楽しいだけのイベントではなく、きちんとした意味があります。

せっかくなら、子供たちにも、しっかりと豆まきの由来や意味を知って、豆まきをしてもらいたいものです。

また、大人でも、詳しく知らないという方も多いと思います。

今回は、豆まきに関する情報をまとめます。

ぜひチェックしてくださいね。

2018年も節分♪豆まきは何時頃にやるのが正解?

皆さんは、豆まきを何時頃に行っていますか?

実は、豆まきには、正しい時間があるのです。

神社などで行われている豆まきは、お昼に開催されていることが多いため、豆まきはお昼にするものであると思っている方がいるかもしれません。

しかし、実は、豆まきはに行うものなのです。

これは、鬼が夜にやってくるという理由からです。

これからはなるべく夜に豆まきをするようにしてください。

豆まきは昼にやるとダメなの?

豆まきは、鬼を追い払うことによって、一年の無病息災を願うというものです。

そのため、鬼が来る夜に行うのが正しいやり方です。

しかし、どうしても夜に豆まきが出来ない場合、昼に行うこともあるでしょう。

神社などでは、実際に昼に豆まきを行いますので、気持ちの問題であると言えます。

節分はいつからいつまで?2月3日以外はダメ?

節分とは、季節の変わり目である節目のことです。

立春、立夏、立秋、立冬

の4回あります。

この中でも昔の暦でいうところの一年の始まりである、立春が一番大切にされていました。

このため、節分は立春の前の日である2月3日ということになるのです。

出来れば、豆まきは2月3日に行いましょう。

そもそも節分の習慣っていつから始まったの?

節分の豆まきという習慣は、実は中国から伝わってきたものです。

日本で初めて豆まきが行われたのは、奈良時代であると言われています。

かなり昔からの習慣なのですね。

鬼をやっつけて無病息災を祈る豆まきは、ぜひ後世にも繋いでいきたい文化ですね。

まとめ

Sponsored Link

節分は、夜に来る鬼を退治するという意味で、昼よりもに行う方が良いでしょう。

中国から伝わってきた、伝統のある節分という行事は、ぜひ大切にしていきたい文化です。

そのため、夜にできない場合はお昼に豆まきをして、子供たちに豆まきの文化を知ってもらうことも大切です。

今年も鬼をやっつけて、健康に過ごしましょう。

Sponsored Link