Sponsored Link

日本の昔からの風習で、節分には豆まきをするというものがあります。

また、地域によっては恵方巻を食べるというところもあるようです。
しかし、なぜそのような風習があるのかを知っている方は意外と少ないのではないでしょうか。

実は、節分は季節の分かれ目のことです。
旧暦では立春から一年が始めるとされていたため、2月4日の立春の前の日である2月3日が大切な節分となります。

新年を災いなく迎えられるようにと、邪気を払う意味で豆まきをするのです。

また、恵方巻は、福を巻き込んでいるとされているため、しゃべらずに食べきる必要があります。

今回は、そんな、日本の大切な風習である節分に、どのような給食が提供されているのかを紹介します。

子供たちに節分という行事を伝えていくために、給食で様々な工夫がされているので、ぜひチェックしてください。

給食だより♪節分のメニューや献立を紹介

恵方巻を思わせる海苔巻きの給食

節分といえば、恵方巻です。
本来の恵方巻は、福が巻き込んであるとされているため、切らずにそのまま食べるものです。

しかし、給食となると、海苔巻きを一本出すわけにはいきません。
そこで、恵方巻の伝統を伝えながら、給食として食べやすい、海苔巻きという献立になっています。

鬼のお面がついているので、節分ということが分かりやすいです。

豆まきの豆がついている給食

節分といえば、豆まきです。
その伝統を伝えるために、豆が添えてある給食です。

他の献立は節分にちなんだものではなくても、鬼が描かれた豆の袋があるだけで、節分ということが伝わります。

鬼は外、福は内という言葉が聞こえてきそうな給食です。

やこめごはんの給食

聞きなれない人もいるかもしれませんが、節分の料理として、やこめごはんというものがあります。

これは、節分の日に鬼は外、福は内という言葉とともにまいた、大豆を使って炊いたご飯のことです。
大豆は健康にも良いので、家庭でもまねをしたいレシピの一つです。

イワシを使った給食

節分とは、季節の分かれ目であり、新しい年を迎える前の日という認識です。
そのような日になぜイワシを食べるのか。それは、イワシの漢字に秘密があります。

イワシとは漢字で書くと魚に弱と書きます。また、イワシには独特の臭みがあります。
そのような弱くて臭みのあるイワシを食べることによって、邪気を払い、新しい年を迎えるという願いが込められています。

魔除けの意味でイワシを食べるということなのです。

ごはんが鬼に変身している給食

小さい子供たちに節分を伝えるには、一番分かりやすい給食です。
ごはんが鬼に変身しています。

作る人たちの気持ちのこもった給食であると言えます。こんなにかわいい鬼であれば、いくらでも食べられそうです。

まとめ

Sponsored Link

節分は日本に昔からある風習です。

近頃では、核家族化が進み、昔の日本の風習を伝える機会が減っています。
そのため、給食が持つ意味はとても大きなものがあると言えます。
食べることによって、それぞれの行事の意味や成り立ちを学ぶことができるからです。

家庭でも、給食の献立を参考にしながら、季節を感じる料理を作ることが出来るようになると、日本の良さを再確認できるかもしれません。

Sponsored Link