Sponsored Link

東京マラソンでは、日本の中心である東京をマラソンで走ることが出来ます。

なかなか普通では走ることが出来ない場所もコースになっているため、走っていても楽しむことが出来る大会です。

また、多くの芸能人や著名人の方も毎年チャレンジしていることでも有名です。

2018年も2月25日に開催される予定です。

今回は、東京マラソンに参加する際に気を付けておくべき、前日の過ごし方や、食事のメニュー、トレーニングについてなどを紹介していきます。

マラソンに参加される方は、ぜひ参考にしてください。

東京マラソン♪前日の過ごし方で成果は変わる?

マラソンの前日の過ごし方によって、成果は変わります。

まず、一番大切なことは、体調管理をきちんと行うことです。

せっかくの東京マラソンですので、万全の状態で本番に臨みましょう。

そのためには、前日にあまり外出することはおすすめしません。特に、人込みなどは避けた方が良いでしょう。

東京マラソンが開催される2月は、とても寒く、乾燥しているため、風邪やその他のウイルスに感染する危険が高くなります。

どうしても外出しなければいけない場合は、マスクなどを着用してください。

マラソンの前日にとったほうが良い食事のメニューと量とは?

マラソンの前日は、本番に向けて、体力をつけるために、バランスの取れた食事を心がけてください。

中でも、エネルギー源となる、炭水化物は必須です。炭水化物とは、ごはんやパスタ、麺類などのことを指します。

マラソンは、いつもより多く体力を使いますので、普段より多めに摂取してください。

また、高たんぱく、低カロリーの赤身肉やささみなどを食べておくと、体重増加を抑えながら栄養を摂ることが出来ます。

摂取した栄養をきちんと吸収するために、野菜や果物もしっかりと食べてください。

マラソンの前日はいつもよりも食事のバランスに注意し、生ものや飲酒は避けた方が良いでしょう。

もしも、どうしても飲酒をしたい場合は、前日の早い時間にしてください。

マラソン当日にお酒が残らないように、くれぐれも注意してくださいね。

前日にやるべきトレーニング内容や練習時間は?

マラソンの前日は、軽めのメニューで練習を終えてください。

ストレッチや2~3㎞程度のジョギングがベストです。

少し体を動かすことによって、これまでに溜まった疲労を抜く効果もありますので、軽く運動をしてください。

練習時間は、あまり多くなくてよいでしょう。

睡眠時間は?何時に眠るべき?

マラソンのスタートから逆算して、睡眠時間を決めてください。

最低でも6時間以上は睡眠をとりたいので、遠方から参加する場合、早い時間い寝ることをお勧めします。

まとめ

Sponsored Link

マラソンは、それまでの練習が大切です。

しかし、辛い練習をたくさん行ってきていても、前日の過ごし方で、すべてが台無しになる可能性もあります。

マラソンの前日から、マラソン大会に臨んでいるような気持で、準備や体調管理を行ってください。

Sponsored Link