Sponsored Link

バレンタインデーは、基本的に女性が、好きな男性にチョコを渡して、告白する日です。

日頃は恥ずかしくて告白できない女の子も、バレンタインデーという日を設けることによって、気持ちを伝えやすくなりましたよね。

しかし、最近では、バレンタインデーの扱い方が少し変わってきているようです。

現在は、友チョコといって、友達をチョコを交換したり、自分へのご褒美として、高価なチョコを買う方が多くなってきています。

そのため、本命の彼にチョコを渡しても、友チョコを勘違いされてしまう恐れがあります。

今回は、バレンタインデーに好きな人にチョコを渡すときの方法をご紹介します。

せっかくのバレンタインデーですから、告白が成功するように、出来ることは準備しておきましょう。

バレンタインデーの前日は何を準備すべき?

バレンタインデーの前日は、ドキドキして眠れないかもしれませんね。

しかし、バレンタインデーに告白を成功させるためには、事前の準備はとても大切です。

渡すチョコを手作りしようと考えている場合は、前日のうちに作っておくことをおすすめします。

当日に作って、もし失敗してしまうと、取り返しのつかないことになってしまうからです。

前日にチョコを作っておけば、失敗してもやり直すことが出来ますし、最悪、次の日に買いに行くこともできます。

また、できれば、チョコと一緒に手紙なども付けましょう。

友チョコとの差別化をすることが大切ですので、手紙を付けることで、本気度が伝わりやすくなります。

前日にメールをしたほうがいい?

前日にメールをするかどうか迷うところですよね。

あなたの本気を伝えるためには、勇気を出して、メールをした方が良いでしょう。

明日の〇時に〇〇に来てください

など、時間と場所を伝えてください。

バレンタインデーということで、男性側も告白であると気付いてくれることでしょう。

緊張はしますが、この方法は、相手も事前に心の準備が出来ますので、おすすめです。

恥ずかしがりやの彼の場合は、なるべく知り合いのいないような場所指定してあげてくださいね。

前日にチョコを渡すのはアリ?

バレンタインにチョコをもらうこと自体、男性は喜んでくれます。

そのため、前日にチョコを渡しても十分気持ちは伝わるでしょう。

バレンタインデーの後日に渡すのは?

バレンタインデーにチョコを渡すことが出来ずに、後日渡すこともあるでしょう。

その場合、バレンタイン当日にもらえなかったという残念な気持ちが、一転、喜びに変わるので、サプライズの効果が期待できます。

そのため、あえて後日に渡すということも考えてみても良いかもしれませんね。印象に残りやすくなります。

まとめ

Sponsored Link

バレンタインデーは女性が男性に告白する日というものでしたが、最近では、友チョコや自分へのご褒美というとらえ方をされています。

そのため、本命の彼にチョコを渡す場合は、本命であることをしっかり伝える必要があります。

前日にメールをすることや、手紙を一緒に渡すことで、気持ちが伝わりやすくなります。

気持ちを伝えることが一番大切ですので、チョコを渡すのが、前日や後日になっても大丈夫です。

上手くいくように、美味しいチョコを作ってくださいね。

Sponsored Link